SDGsを通して考える未来のつくりかた

そもそも持続可能って何ですか?

SDGsでは「持続可能」というあまり聞き慣れない言葉が出てきます。これは国連に設置された「環境と開発に関する世界委員会」が1987年に提唱したもので、“未来の世代に負担をかけることなく、現代の人々のニーズを満たす”という考え方です。現在の社会課題を解決して幸せな暮らしを実現しつつ、未来の人達が必要とする環境 や資源も保っていく。人々の幸せな生活を“将来 にわたって長く続けていく”ための、新たな仕組 みや協力体制が求められています。